極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功 極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功

世界初の養殖に成功した極上の越前雲丹「バフンウニ」をご賞味あれ

世界初の養殖、越前雲丹「バフンウニ」に初めて成功。「極上の越前雲丹」ををご賞味あれ。

世界初バフンウニの完全養殖に成功

日本三大珍味と称されてきた越前雲丹の歴史

伝統の技法で丁寧に仕上げた越前雲丹

雲丹職人・日々野憲治

越前雲丹のご注文

越前雲丹は伝統的な製法により仕上げられ、甘みと旨みが引き出されています
越前雲丹は昔ながらの伝統的な製法により仕上げられます。バフンウニをひとつづつ丁寧に殻を割り、中からその身(卵巣や精巣になる前の状態のもの)を慎重に取り出します。1個のバフンウニから取り出される量は多くても1グラム未満。それをある程度のグラム数をまとめてから塩漬けしていきます。気候やウニの状態によって変化しますが、塩の濃度は13~14%程度。冷蔵ができなかった時代にはもっと塩分濃度が高かったようですが、現在ではこの塩加減が一番ウニの甘みと旨味を引き出すとされています。