極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功 極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功

世界初の養殖に成功した極上の越前雲丹「バフンウニ」をご賞味あれ

世界初の養殖、越前雲丹「バフンウニ」に初めて成功。「極上の越前雲丹」ををご賞味あれ。

世界初バフンウニの完全養殖に成功

日本三大珍味と称されてきた越前雲丹の歴史

伝統の技法で丁寧に仕上げた越前雲丹

雲丹職人・日々野憲治

越前雲丹のご注文

日本を代表する珍味「越前雲丹」は日本の三大珍味です
古くより日本を代表する珍味として称されてきた「越前雲丹」。越前海岸で獲れるバフンウニの生殖巣(卵巣や精巣になる前の状態のもの)を塩漬けしたもので、その歴史は古く起源は奈良時代ぐらいまで遡ると伝えられています。江戸時代には将軍家などへの献上品として重宝されたため、カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)、このわた(ナマコの腸の塩辛)と並んで日本の三大珍味と称されていました。
大量生産できない越前雲丹は、より希少な珍味として評価されています
明治時代になって広く全国に知られるようになりましたが、越前海岸の磯の限られた場所で海女漁でしか獲れないことや殻割から塩漬けまですべて手作業で行うために大量生産ができないこともあり、より希少な珍味として評価されています。