極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功 極上の越前雲丹「バフンウニ」は世界初の養殖に成功

世界初の養殖に成功した極上の越前雲丹「バフンウニ」をご賞味あれ

世界初の養殖、越前雲丹「バフンウニ」に初めて成功。「極上の越前雲丹」ををご賞味あれ。

世界初バフンウニの完全養殖に成功

日本三大珍味と称されてきた越前雲丹の歴史

伝統の技法で丁寧に仕上げた越前雲丹

雲丹職人・日々野憲治

越前雲丹のご注文

漁獲高の減少を止める為に、越前雲丹の製法で仕上げています
越前雲丹の原料となる越前海岸で獲れるバフンウニは現在漁獲高の減少に歯止めが利かなくなっています。その原因として地球温暖化による水温の上昇や生態系の変化などが考えられています。その対策として、これまでは稚ウニの放流が福井県などを中心に一般的に行われてきました。しかしながら、外敵や環境の変化などで放流後の成長が難しく漁獲量の減少をなかなか止めることができない状態が続いています。越前雲丹の生産加工の現場でも、他の地域から獲れたバフンウニを使って越前雲丹の製法で仕上げざるを得ないという状態が現状となっています。
天然より美味しい理由は厳選された餌にあります

天然より美味しい理由は餌にあり。

越前ウニ研究所では、外敵の捕食被害や、移動の恐れがない水槽を使用し、越前海岸・鮎川漁港から取水して温度変化を極力防ぎながら、産卵から成育までの一貫体制でバフンウニの完全養殖に世界で初めて成功しました。エサとなる海藻は地元越前海岸の岩場から採取。しかもウニの雑味となる海藻を省き厳選された海藻のみを選んで与えることで、味のまろやかさ、香り高さも実現しています。さらに「越前塩」を使用して伝統の技法で塩漬けし寝かせた越前雲丹。この冬から、初の出荷を迎えます。